読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャート

旧「一橋を出てニートになりました」。出版社を過労で退職→引きこもり→派遣社員を経て、働き方や社会のあり方について思うことを書いています。

「ひきこもり新聞」はなぜ「新聞」なのかを考えた

今年もよろしくお願いします。
「このブログはしばらく個人的なメモ書きになります」で書いたように、しばらくは、気になったことについて簡単に書きとめる(深堀りしない)ということを繰り返していきたい。
1月9日まで休みなので、それまで毎日書けるといいな。

* * *

ひきこもりの人や、ひきこもりの経験がある人たちが、2016年11月に「ひきこもり新聞」を発刊したというニュースを読んだ。

ひきこもり新聞創刊

新聞の編集部員は20~50代で、女性もいるとのこと。
編集長の木村さん(32歳)は、マスメディアが伝える「ひきこもり=無能で無気力で、努力をしない人間」というイメージを覆したくて、新聞の発行を決めた。

ニュースから、衝撃的だったところを引用する。

そして去年5月、突然、両親が警察官を連れて木村さんのもとにやってきて、無理やり自宅から引き出されそうになったと言います。
また、若いころには中学校で教べんをとった経験もあり、常に社会復帰を望んできたと言う50歳の男性は「私は諦めていない。いつでも働きたいという意欲はある。だから苦しい。たとえ中高年でも、やる気のある人は新人として受け入れられる社会になってほしい」と訴えました。
40歳の女性は「ひきこもりの人はみな、お金に苦しんでいて、バイトの面接で出した履歴書を返して欲しいと言う人も多くいる。公的な就職支援の対象年齢は、39歳までのところが多く、40歳になって強い焦りを感じている」と話し、ひきこもりの人が置かれている社会的な構造から解きほぐした記事を書くべきだと訴えました。

あと、「ファイナンシャルプランナーらが、中高年のひきこもりの子どもを抱える高齢の親たちの生活設計について、相談を受け付ける座談会」というのが出てくるが、これは目の付けどころが良いビジネスだと思ったので、参考にしたいと思った(小並)。

* * *

それで、この新聞を買おうと思って、サイトを検索した。
面白そうな記事もあり、じっくり読んで後で紹介したい。

ウェブ版「ひきこもり新聞」

1月号は「女性のひきこもり」特集だとのこと。
ひきこもり新聞1月号の発行日が決定いたしました!

「サポート会員募集!」と書いてあるので、「おお、なりたいなりたい」と思ってクリックしたら、残念ながら「詳細を作成中」だった。

* * *

さて、「ひきこもり新聞」は、なぜ「新聞」という形式を選んだのだろう?

「たくさんの人に読んでもらう」という目的なら、ウェブ版「ひきこもり新聞」をはてなブログでやった方が、目的を達成できそうに思える。

私のブログに「引きこもりが再び働きはじめた朝に」という記事がある。
これはBLOGOSにも転載されたが、BLOGOSでのPVは、はてなの約10分の1以下だった。
他の記事でそこまでPVに差がついたことはなく、はてなでは、ひきこもりやニートなどの記事は読まれやすいのかもしれないと思った。
たぶん、phaさんが下地を作られたからなのだろう。
だから、ひきこもりやニートの人は、はてなブログをやるといいと思う。

脱線したけど、「新聞」を選んだのは、ひきこもり当事者の「親」という存在を意識してなのではないか、と勝手に思った。

「引きこもりが再び働きはじめた朝に」 で、まだyoutuberがいなかった時代に、引きこもりだった私が動画制作に熱中して、父と対立した話を書いた。
父は60代だから、そこまで年ではないのだけど、「ブログや動画で稼ぐことができる」と言っても理解できない。
ネット上の活動が、そのままリアルにつながる可能性があるということが、どうしても理解できないのだ。

だから、このブログのために私がパソコンに向かっている時間が多くなると、父は心配していた。
態度が明らかに変わったのは、外部サイトから原稿を依頼されるようになってからだ。
「原稿依頼」はさすがに理解できたようで、そこから180度一転して、ブログを応援しだすようになったのだ。
(ここまで書いて、ちょっと面白くなって笑ってしまった)

私の父の例は極端だけど、ひきこもりの人が、身内からのイメージを回復するのは、年代間のギャップも手伝って、かなり大変なように思える。
だから、「新聞」なのだろうなと思った。

親の世代に、「ウェブ版ひきこもり新聞は○PVあって、たくさんの人に読まれているんだ」とアピールしても、たぶんピンとこない。
でも、「ひきこもり新聞は〇部売れたんだ」なら、たぶん理解される。

ひきこもりの人が普通のレールに再び乗るのは、おそらくかなり大変だ。
だから、自分のレールを自分で作る必要が出てくる。
そのレールは当然ながら普通とはちがう形なので、親が納得しづらいこともあるだろう。
「そんなことをやる暇があったら、普通に働きなさい」と言いたくなるだろう。

だけど、ブランクがある人が、普通に働く機会を得ることはとても難しい。
そして、普通とはちがう自分オリジナルのレールが、思わぬ道を切り開いてくれることもある。

だから、ひきこもりの親にも柔軟な考え方が求められるのではないだろうか。

引きこもりが再び働きはじめた朝に

Twitterもやってます

追記:
編集長の方が、既にはてなブログをやっているという情報をいただいた。
なので、この方にコンタクトを取ってみて、ちょっといろいろ聞いてみたい(受けてもらえるか分からないけど)。

ひきこもり新聞を創った人のブログ