ニャート

出版社を過労で退職→ひきこもり→非正規雇用を経て、社会のあり方について思うことを書いています。

40歳働けない結婚できない私(連載1回目)

今後の生き方を考えていて、「最後はたぶん自殺するんだろうな」と当たり前に思っている自分に気づいた。

ふだん、お金がない以外はそれほど不満もなく(お金が最大最凶の不安要因だが)、ささやかな幸せを感じることも多い。それなのに、将来予想からは常に自殺が離れず、何かの拍子に苦しさが高まると「死にたい」と瞬間的に強く強く思ってしまうのをどうにかしたい。

私には次のような属性がある。

  • 独身子なし(離婚歴あり)
  • 自称1円ライター
  • 貯金なし
  • 恋人なし(永遠に)
  • パニック障害(寛解中)
  • 父と認知症の母と暮らす

この属性を見ると、たぶん一部の容赦ない人は「生きてる価値ないし、死にたくなって当然」と思うだろう。

しかし、その「一部の容赦ない人」は私が勝手に想定している世間体であり、実際には存在しない。仮に存在しても無視すればよい。
私が自殺しないで生きていくためには、身の丈にあった自尊心を取り戻す必要がある。

そのために、「40歳働けない結婚できない私」というタイトルで、しばらく自分を振り返りたい。


女性の生き方は、おそらく実際には、男性よりもずっとバラエティ豊かなのだと思う。しかし、ロールモデルとして取り上げられるのは次の3択だ。

  • 結婚している人
  • (結婚していなければ)キャリアを築いている人
  • どちらももっている人

結婚もせずキャリアもない女性が、40歳以降どう生きたらいいのかについては、参考例はほとんどないように思う。
そのため、確固たる仕事も配偶者もないなかで、何を「幸せ」と定義するかについて考える必要がある。


タイトルの「働けない*」というのは、正確には「フルタイムで週40時間勤務できない」という意味だ。(*これは私個人の振り返りに限定した定義です)

私には、次のような経緯がある(フェイクあり)。

  • 大学卒業後、出版社に勤務
       〜 パニック障害になる 〜
  • 1度寛解するが再発し、8年目に退職
  • その後寛解し、別の出版社で2年ほど勤務
  • 結婚。子どもを産みたくなり、その前に職種を変えて手に職をつけようとする
  • 派遣で働きながら、司法書士の取得をめざす
       〜 2度目の再発 〜
  • 結果として離婚し、実家に帰ってひきこもりに
  • 今度は着実に、1日4時間×週3日ほどのバイトで社会復帰をめざす
  • 個人経営の会社で、1日6時間×週4日ほどのパート
  • ちがう個人経営の会社で、フルタイムの契約社員
  • フルタイムの派遣社員で、日英翻訳を3年ほど
       〜 3度目の再発(徐々に) 〜
  • クラウドソーシングで大量募集される1円ライターで生計を立てる(ニャートとは別名義)。しだいに寛解

自分の経歴を振り返ると愚かであり、公開するのが恥ずかしい。大事なポイントで何度も選択を間違っているからだ。

しかし、最後の砦として「(どんな雇用形態でも)会社に勤務しフルタイムで働く」ことは死守できるよう、ひきこもり以降もそのラインを目指して頑張ってはきた。
だが、自分が「働けない」人間なのだとようやく認識してからは、その頑張りも虚しく思える。

私は努力をしなかったのではなく、努力の方向性が間違っていたのだ。
では、どの方向に努力をすればよかったのだろうか。

この連載の前半では、自分の半生を振り返り、ダメだったポイントを分析する。
後半では、これからどうやって生きていったらよいのかを考える。

その過程で、等身大の自分を認められるようになり、方向性が間違っていたり過剰だったりせず、身の丈にあった努力をできるようになりたい。

※なお、身バレ防止のため、内容には基本的にフェイクが入っています(年齢も40ぴったりではないです)。

年収300万円を稼げない私|40歳働けない結婚できない私(2回目) - ニャート


近況:
ひきこもりシェアハウスでお墓参り代行|ひきこもりの働き方2 - ニャート」で書いたひきこもり支援ですが、実はいま、実名でひきこもりの就労サポートに携わっています。
しばらく、実名での活動と「ニャート」名義での活動は分けて行います。

あと、「子どもがひきこもりなら、親が殺してもよいという風潮が怖い - ニャート」にあった「ひきこもりに対して、マスコミはどのような報道をするのが望ましいか」は、この連載中に別途書く予定です。

今週は久々に時間があるので、この連載を進めたいです。