ニャート

パニック障害で退職→ひきこもり→非正規雇用の氷河期世代。だめ人間が何とか日常を投げずに生きていくためのメモ書き。

自分の現状を「世間の目」で自虐し過ぎない(派遣社員と底辺)

氷河期世代の話を書きたいが、その前にいくつか書いておかないといけないことがある。

ブログ初期に、自分が(当時)派遣社員であることを卑下して「底辺」と称していたことがあった。
単純に「私=底辺」と言ったつもりが、派遣社員すべてを底辺と言っているとみなされて、一部の方に嫌な思いを与えてしまったことがある。
当時のことは謝罪します。申し訳ありませんでした。

私は派遣社員という雇用体系が嫌いだ。憎んでいると言ってもよい。
派遣社員を断固として直接雇用しない大企業、高いマージンで不況のなか最高益を上げる派遣会社、日本経済が衰退したのはいびつな中抜き文化のせいだと確信を持っている。
そして、何よりも嫌いだったのが、この雇用体系を憎んでいるのに、利用しなければ生きていけない自分自身だった。

しかし、この雇用体系を上手に活用してキャリアアップしていく人たちもいる。そうした方々は尊敬すべき存在だ。

ブログ初期に、私が必要以上に自虐していたのは、「他人が私を見たときに思うだろうこと」を先回りして言ってしまおう、という意識からだ。
当時の私が、他人が私を見たときにこう思うだろうと選んだワードが「底辺」だった。
単に派遣社員だったからではなく、親にいい大学に行かせてもらったのに満足に稼げない自分、自らが憎んでいる歪んだ雇用制度を利用しなければ生きていけない自分に負い目を感じていた。

いま思えば、自虐しすぎていた。
確かに今でも、私を見て「底辺」と思う他人はそれなりにいるだろう。
(しかも、いまは最低賃金近くの介護職パートだから事態は前より悪い)

しかし、自らを「底辺」とみなす認知が、本当に客観的だとは限らない。
私は、自分が勝手に思い込んでいる「世間の目」で自らを定義しがちだが、自虐は改善のための気力を生み出さない。

金銭面から見た自分の現状は良くはない。
しかし、必要以上に自虐すると、人生を投げてしまいがちになる。
主観を入れずに現状を見て、「世間の目」を挟まずに、できそうな改善策をシンプルに考えること。
認知を悪い方ばかりに歪ませないこと。
何よりも、自らの気力を奪わないこと。
それが私には必要なのだと思う。

派遣制度を憎んでいるが、その気持ちを自らの現状把握に持ち込むと、人生を立て直そうとする気力が薄れてしまう。
今後書こうとしている氷河期世代のことも同様だが、氷河期世代に対する失策への怒りと、自分の人生の立て直しとは、完全に分けて考える必要がある。