読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャート

旧「一橋を出てニートになりました」。出版社を過労で退職→引きこもり→派遣社員を経て、働き方や社会のあり方について思うことを書いています。

女性

東大女子を過労死させたり、京大専業主婦をもったいなくさせているのは日本社会

電通の高橋まつりさん(東大卒)が、たった1年足らずで過労自殺したニュースが話題となった。 私も長時間労働による過労で出版社を辞めており、まつりさんほどではないがパワハラとセクハラの実体験がある。 だが、今日はそのことを書くよりも、もっと大き…

息してるだけで月6万円かかる女を降りたい

トイアンナさんの「『普通の女』をやる月々のお値段が6万円」というツイートが話題になっていた。 時系列で見てみる。 美容室で髪切って、コンタクトつけて、まつげエクステ。これだけで4万円がすっ飛ぶってすごい。化粧もネイルもない標準装備なのに。現実…

性行為は愛と暴力どちらに基づくか

コンビニの成人コーナーに並ぶ雑誌と、リアルな性行為、そして少女マンガ。 私にとって、この3つの間には埋められない溝がある。 私は、夢見がちな子どもだった。 童話に出てくるような、みんなが優しくて、悪い人がいない世界が大好きだった。 今でも、残…

女の子は「頭からっぽ」でいいから勉強は不要か

「女の子は頭からっぽでいい」という歌詞が、少し前に炎上していた。今日は「女の子には勉強は必要なのか」という観点から考えたことを書きたい。 女性の学歴と収入は比例するのか 「何のために勉強をするのか」と聞かれたら、大抵の人が「いい学校に行き、…

年収1000万超のキャリア論を負け組の立場から自省してみた

「社会人2年目で年収1000万円を超えた私が考えるキャリア論」という、シャイニング丸の内さん(以下シャイ丸さん)が書いた記事を読んだ。若くして高収入を得るための「年代別のやるべきこと」について書いてある。 勝ち組の話から学べるものは多い。だが、…

非正規女性が見た「自己責任」で傷つけあう社会

過労でパニック障害になり、人生終わった。今は派遣で働いてるけど、完治はしてない。たぶん、結婚もできないだろう。 ニートを経て、少しづつ社会復帰。パートで働いた○○教室、新教室作るから、正社員にされて喜んだ。話がぽしゃって、1ヶ月でパートに戻さ…